結婚願望がある男性とない男性の見分け方。そして変わる時

30代の婚活の現実

男性との恋愛関係は、一緒にいることが出来れば良いと思う時期もあるでしょうが、ある程度の年齢になれば結婚という言葉が浮かんでくるものです。

そんなときに、同じように結婚したいと思ってくれる男性もいれば、独身である事を満喫したいという男性もいます。

何の目的もなく流れのままに習慣化して付き合っていると、何も状況が変わることはなく幸せになることは出来ないでしょう。

そんなことにならないためにも結婚願望があるかどうかを見分けていれば、次の段階へと進み、なければきっぱりと別れたほうがお互いのためです。

結婚願望がある男性の特徴

結婚願望がある男性については、わかりやすい特徴として

  • 結婚をしたときのビジョンを語る
  • 女性に対して質問をしてくる

このような男性です。

子供の数やお互いの仕事のことなど、結婚したらどうしても話し合わなければいけない問題をあえて話題にするようであれば女性がどう考えているのかを知りたい」という気持ちと同時に「二人が夫婦になることを考えているのか?」という反応を見たいのです。

結婚をしたいのにその話題に対してはぐらかしたりすれば、せっかくのチャンスを失ってしまいます。女性は自分の思っていることを真面目に答えてあげましょう。

結婚願望がない男性の特徴

結婚願望がない男性に見られる特徴としては、結婚に関係する話題から逃げようとすることです。

婚約するためには通らなければいけない関門である「お互いの両親に恋人を合わせよう」ということになったとき、何かと理由をつけてそれを回避しようとするならば、結婚を真剣に考えていないことがわかります。

同様に子供のことや貯金のことなどについて話し合おうとすることも嫌がります。

そういう時に黙ったり怒り出したりするようであれば、待っていても仕方がないので別れを決断するべきです。

結婚願望がない男が変わる時

まだ独身でいたいという男性は、女性が思うよりも多いものです。結婚をすれば自分のリズムで生活することができなくなりますし、お金も自由に使えなくなります。

しかし、結婚願望がない男性が突如として変わるときがあります。

例えば、

  • 男性が病気などで弱ったときに女性が支えていた
  • 仕事で成果を出して出世をしたりしたとき

そのような時に、心理的にも結婚をして落ち着くことを考えるようになります。

そういった変化をもたらすタイミングは女性が無理につくろうとしても逆効果ですから、できるだけ自然につくりだすことが理想的です。

まとめ

恋人同士が結婚できるかどうかは、男性に結婚願望があるかどうかが重要です。

子供のことなど、結婚をしてからの話を積極的にする男性は結婚願望があるので大丈夫です。

逆に結婚に必要な親への挨拶や将来のことなどを避けるようであれば、その男性は結婚を考えていません。

ただ、病気や仕事の成功など、なにかのきっかけで結婚願望がなかった男性でも、結婚を意識することはあります。

あくまでもその男性と結婚を考えているのであれば、自然な形でそういった流れにもっていかなければいけません。