結婚相談所の大手と地元の地域密着型の違いを徹底比較

結婚相談所の選び方

どうしても結婚したい、と決意が決まったら、結婚成立のための専門サービスを利用するのが一番です。

会社や親戚などの身近な人に紹介して貰うと、万が一気に入らなかった時に断るのも大変です。

なので、現代ではビジネスライクに要望を伝えられるプロに仲介をお願いする方がメリットが多いでしょう。

ただ、同じ結婚相談所もタイプによって色々分かれています。

  • 具体的なサービス
  • 料金
  • 規模の大きさによるサポート

にもかなり差があるので、まずはどのタイプの相談所が自分自身に合っているのかを見極めることが先決です。

大手と地元の地域密着型(個人経営)の結婚相談所を比較している方も多いです。

コストパフォーマンスなど入会前に見比べておきたいことを詳しくチェックしておきましょう。

サービスの違い

結婚相談所に入会したら、始めにカウンセリングを受けます。このカウンセリングは入会前に無料で体験できる相談所が多いので、自分に合っているかどうかじっくり確かめることが出来ます。

カウンセリングの方法はどちらもヒアリングをしお客様の可能性を引き出すことは一緒ですが、大手と地元密着型ではかなり温度差があります。

大手は会員数が多いのもあり、パソコンを使いデータをたくさん参照します。

入会申込者(お客様)のデータを分析した上で、相性が合いそうな他の会員さんのデータを集めることによって選択肢が多いことを教えてくれます。

  • 大手のサービス
    論理的な所が多い傾向にあります。

一方、地元密着型(個人経営)の相談所では担当スタッフとの話し合いに長い時間が割かれるようです。今までの恋愛観や理想とする家庭の条件など、会話を通じて、担当者が相性の良い組み合わせを引き合わせます。

  • 地元密着型(個人経営)のサービス
    担当者の独自の視点から、お相手を紹介される傾向にあります。

料金の違い

料金は結婚相談所によってピンキリですが、初期費用は大手の方が高くかかる傾向があります。

平均として入会金と初期活動費が併せて5万円ほどかかります。プロフィール写真やビデオ撮影に力を入れていると撮影料が発生する可能性もあります。

一方、地域密着型のところは3万円ほどで大金はかからない代わりに、成婚料が大手よりも高くかかり、お見合い料も都度かかる所が大半です。なので、総額の料金は大きく変わらないでしょう。

ちなみに大手相談所には、20代女性や高収入の男性の他、シニア世代などの会員を優遇してくれる特別なプランがあります。その為、年齢によっては大手の方が割引価格で入会することができます。

コスパ面ではたくさんの相手と出会える大手の方が有利ですが、量より質を重視したい方にはマイペースで出会える地域密着型の個人店の方が合うかも知れません。

※ただし、中小規模の地域密着型は自社会員の数が少なく「全く出会えない」「サクラが用意されている」という噂もありますので、入会前に口コミはチェックしておきましょう。

  • 料金
    1年間の総額の平均の料金は10〜20万円程でどちらも大きく変わりません。

サポートの違い

サポートの違いも結婚相談所選びの大事なポイントです。まず、大手結婚相談所で最近増えているサポートは、占いや心理学を活用したお相手選びの応援方法です。

生年月日などから占い、相性の良い相手を選ぶサポートは人気があります。

その他異性を喜ばせる心理学のテクニックやメイク方法などを伝授する婚活セミナーを開催している大手相談所もあります。

  • 大手のサポート
    人間性や見た目がより磨けることでしょう。また担当カウンセラーと合わなかった場合、所属店舗やカウンセラーの変更が可能です。

地元密着型(個人経営)相談所のサポートは、言葉で応援することが多いようです。

カウンセリングを重ねる上で浮き彫りになる会員さんの個性や長所、短所を指摘し、担当者が自分の経験も踏まえて「こうした方がいい」とアドバイスしてくれる場面が多いでしょう。

そのため、具体性に欠ける可能性があります。

  • 地元密着型(個人経営)のサポート
    経験と知識のあるカウンセラーであれば任せれそうですが、そうでない場合は不満が付きまとうことがないとは言いきれません。また規模が小さいため、担当の変更には限界があるようです。

選び方まとめ

結婚相談所をタイプ別に比較してみると、料金面だけで比べるよりはサービス内容やシステム内容の違いで、入会する相談所を決めた方が満足度が高いことが分かります。

たくさんの相手と出会いたい方は会員数が多い大手がおすすめですし、地元密着型のように細かく干渉されたくない方にもぴったりです。

地元密着型は会員数が少ないだけに、厳選した相手を紹介して貰えるメリットもあります。ですが、条件が増えるとマッチングする人がいなくなってしまい、なかなか紹介してもらえないデメリットもあります。

最低限の注意点

いずれにしても、結婚相談所は会員の質を保つために初めに様々な書類を提出するので、書類の保管まで行き届いている事は大前提です。

「料金が安いから」「あまり親しくない人に紹介されたけど、いい人に出会えて成婚したと聞いたから」と安易に決めると、個人情報の漏えいや悪用のリスクが高まります。

大手であれば第三者機関から証明されたマークを必ず取得してますが、中小規模だと取得していないことがありますので、始めに必ずチェックはするようにしましょう。