結婚相談所の相場。入会金から成婚料の料金が高い理由

結婚相談所の選び方
1年間のトータルの相場の料金
 結婚相談所の相場は10〜20万円程度
 仲介型結婚相談所の相場は20万円程度

結婚相談所を利用する際には入会金や月額料金、成婚料、お見合い料などがかかり、諸々を含めた1年間の結婚相談所の相場を見てみると10万円〜20万円程度となっています。

タイプを絞って仲介型結婚相談所の相場を確認してみると、20万円程度と少し高めになります。

ですが女性や年齢などの条件によっては仲介型を選ぶことで割引がきき、リーズナブルな価格でサービスを受けられることもありますので、それぞれの料金体系の確認は必要です。

入会金(登録料)とは?

相場は30,000円程度

他にも登録料や登録手続費など様々な呼ばれ方をされていますが、内容は変わりません。初期費用の入会金とは、その結婚相談所に入る時にかかるお金のことを指しています。

入会金の相場は30,000円程度となっていて、高いところでは20万円かかるケースもあります。

これはどこを利用する場合でも必要なお金であり、高額になる理由は会員データを登録する際の入力項目がとても多いためだと言われています。

心理学を使って自己分析を行ったり、アドバイザーと一緒にプロフィールを考えたりする作業も含まれるようです。

月会費とは?

相場は10,000円程度

無事に入会した後も、システムを維持するなどの運営費や情報提供料、マッチング料として月会費がかかります。

月会費はどこの結婚相談所でもそれほど大きな差はなく、相場は10,000円程度となっています。

月々の負担が大き過ぎると続けられなくなる人も出てきますが、払える範囲の料金設定となっていますので負担はそれほど大きくありません。

ですから、料金で比較をする場合は他の項目をチェックする必要があります。

お見合い料とは?

相場は0円〜5,000円程度

お見合い料とは、お見合いをする際の紹介費用や場所のセッティング費用です。

お見合いのたびに徴収されるものであり、相場は5,000円程度ですので回数が多くなるとやや負担が増えます。

金額を見ると高いと感じてしまうかもしれませんが、お見合いのセッティングを自分で行うとなるとかなりの労力がいります。

ですから、プロにサポートしてもらうことでスムーズにまとまりますので安心して任せるための料金だと考えることができます。

ですが、出会うためのきっかけであることから、お見合い料込みの所も増えてきています。

成婚料とは?

相場は5万円程度

結婚が決まった時に支払うのは成婚料です。

一般的には成婚退会となった場合に支払う料金ですが、成婚の基準は各結婚相談所で異なりますので、入会前にきちんとチェックしておくことが大切です。

相場は5万円ほどなので安くはありません。ですが、成婚料が高額なところの方が婚活が成功する確率が高いと言われていますので、安さだけで選ぶことはできません。

10万円以上と高めに設定してある結婚相談所は、サービスに自信を持っていることが多いようです。