マリッシュ(marrish)20代シングルマザーが再婚活!使ってみた感想は?

マリッシュ(marrish)20代シングルマザーが再婚活 マリッシュ
りこ
りこ

ペアーズで知り合った商社マンの彼とめでたくゴールインした私でしたが、蓋をあけてみたらまさかのモラハラ男子でした。

付き合っていた頃は毎回スマートにお会計を済ませてくれ、誕生日には都内5つ星ホテルの最上階最高級スイートルームを予約して、ミシュラン3つ星レストランで豪華ディナー。

という、女子なら誰しもがときめく王子様っぷりを発揮してくれたにも関わらず、結婚後は家事も育児も何もしない上に養いもしないという豹変ぶり。

\男性も無料でメッセージが送れる!/

前回の記事「ペアーズの体験談」はこちら⇩

巷で評判のペアーズで東大卒総合商社マンと6ヶ月で結婚した私が評価
りこ人生3倍速で生きてる28歳。フリーランスライター。最近筋トレにハマっています。さいしょに当時、私は24歳でした。彼氏なし。新卒で入った会社で成果を上げ、意気揚々と転職するもまさかの失...

男性が無料でメッセージする方法の詳細はこちら⬇︎

【マリッシュは婚活のマッチングアプリ?】口コミ評判からわかる評価
マリッシュ(marrish)は再婚・シンママ婚・シンパパ婚の方を優遇した、R18の恋活・婚活マッチングアプリです。ネットでの口コミ評判では良い悪い評価がありますので、どのような方にぴったりの婚活アプリなのか、どこよりも詳しく徹底解説...

結婚した王子様は、まさかのモラハラだった…

「とにかく自分で稼いだお金をお前に使いたくない。」

そんな本音が見え見えで、お金のことは一切口を出せませんでした。

育児休業を取り、乳飲み子を育てながら忙しい夫に代わり、家事もほぼすべてこなす私に対し、

「育休中も給付金をもらっているから生活費を按分しろ。」

「家事育児は育児休業中のお前が全部やるのが当たり前。」

と言ってのけた元王子様。

日常生活において切り離せないお金に対する価値観の違いは、毎回些細なことで喧嘩の種となり、2人の関係は日に日にギスギスしていきました。

3年で離婚が決定

そして3年という短い結婚生活を経て、あっさり離婚が決定しました。

あれだけ独身時代にマッチングアプリで一生懸命婚活に励み、ようやく王子様に巡り合って結婚した私は、おとぎ話のように「幸せに暮らしましたとさ」では終わらず、

図らずももう1度婚活市場に舞い戻ってくることになったのです。

しかも、今回は2歳の娘を連れて。

シングルマザーとして2度目の婚活を決意した2つの理由

再婚するなら早い方がいい

子どもの年齢を考えると、再婚をするなら再婚相手にとっても娘にとっても早い方が良いと思いました。

子どもが小さい方が、父親として再婚相手を受け入れやすいからです。

逆にある程度年齢がいってしまうと、突然「新しい父親です」と男性が現れても受け入れがたいだろうし、私としてもその時にはシングルである状態に慣れて、もう1度重い腰を上げて婚活することは難しいだろうと判断しました。

婚活をしなければ、出会いがない

しかし、いざ再婚となっても日々の家事や仕事、育児に時間と体力を取られてしまう上、そもそも出会いなんて全くありません。

独身時代もなかなか出会いがなかったものが、バツイチシングルマザーにあるわけないのです。

「シングルマザーで婚活って、どのくらい婚活市場で大変になるのだろう。」

離婚の傷はまだ癒えていませんでしたが、残された時間はあまりありません。

私はこうして再び婚活すべく、インターネットで情報収集を始めました。

再婚向けマッチングアプリ「マリッシュ」に出会う。選んだ3つの理由

再婚向けに特化している

インターネットで検索してみると、再婚向けの婚活パーティーや再婚者に特化した結婚相談所があることが分かりました。

今や結婚した人の3分の1が離婚する時代です。

再婚者向けの婚活がここまで充実していることに驚きました。

婚活パーティーは合わなかった

婚活パーティーは独身時代に1度会社の同期と参加したことがあるのですが、不発。

そもそも人見知りの私には、パーティーのように不特定多数の方と1度にお話しする場は向いていないと思い知らされたのです。

とにかくたくさんの男性とお話し、会話もそこそこでLINEを交換したけれど、後になって誰が誰だかさっぱり分からず、全く進展しなかったのでお金と時間を無駄にしてしまったなと感じました。

婚活パーティーは社交性があって、自ら積極的に気になる男性にアピールできる人に向いている場だったのです。

そのため、今回もバツイチ向けの婚活パーティーは参加を見送りました。

シングルマザーからすると結婚相談所は料金が高い

再婚向けの結婚相談所のホームページものぞいてみましたが、料金が高い…!

子どもにお金がかかるのに、結婚相談所にそんな高額のお金を払える余裕はありません。

「やはりバツイチシングルマザーで婚活するのは難しいなぁ…」

そう落ち込んでいたら再婚向けマッチングアプリ「マリッシュ」の広告が目に留まりました。

再婚向けマッチングアプリ「マリッシュ」に登録してみた

マッチングアプリの利用は約3年ぶり。

もちろん独身時代に使っていた他のマッチングアプリの利用も選択肢にはありましたが、やはりそこで出会った夫がモラハラで離婚したのと、なんとなく未婚の若い子向けのイメージがあり、「再婚者向け」を謳っているマリッシュに登録を決めました。

こちらもやはりペアーズ同様、女性は無料

子どもにお金のかかるバツイチシングルマザーにとってありがたいです。

年齢確認やプロフィールの入力などの基本操作は同じで、懐かしい感覚と共にさくさく進みます。

独身時代にマッチングアプリを利用していた頃の記憶を頼りに、プロフィールの文言を記入し登録完了!

あとはいいねが来るのを待つか、こちらから気になる男性にいいねをするか。

いよいよシングルマザーの再婚活の始まりです。

シングルマザーの再婚活はいかに?

結論から言うと、「バツイチシングルマザーの婚活は誰にも相手にされず、悲惨な結果に終わるのではないか」という当初の予想とは裏腹に、たくさんの男性からいいねをいただけました。

意外だったのは、離婚歴のある男性だけでなく、独身の男性からもたくさんいいねがついたことです。

子どもの年齢が小さいことや、私の年齢がまだ20代であることも影響したのかもしれません。

夫に見放され、もう2度と他の男性から興味を持たれることなどないのではないかとビクビクしながら登録したので、とりあえずまた幸せな家庭を持てる可能性があることに安心しました。

「初婚の婚活」と「再婚の婚活」は心境的に全然違う

自分でも自覚をしていなかったのですが、独身時代の婚活と今回の婚活は全く異なりました。

というのも、やはり1度「この人に違いない!」と思って結婚し子どもまで産んだものの、結局お金の価値観が合わず離婚という結果に終わり、男性に対し臆病になっていたのです。

未婚の男性からいいねがつくと、「なぜこの人は年齢も結婚適齢期で年収もたくさんあるのに、バツイチシングルマザーの私なんかに興味を持ったのだろう」と構えてしまうし、離婚歴のある男性からいいねがつくと「どうして離婚したのだろう?この人ももしかしたらモラハラかもしれない」と疑心暗鬼になってしまいました。

プロフィール文章はしっかり読まれている

また、これはマッチングした男性から言われて気づいたのですが、プロフィール文も離婚理由や自分が大切にする価値観、理想の家庭像をかなりきっちり書いてしまっていたため、男性側から「この人はかなりきっちりしていてお堅い人なんだろうなぁ」と思われていたようです。

真剣に再婚活に臨んでいたあまり、プロフィール文が堅くなってしまったということですね。

いつまでも何もしなければ進まないので、意を決して1人の男性と会ってみることにしました。

マリッシュ(marrish)でマッチングした人と会ってみた!

子どもがいる婚活は子どものことが最優先になり、やはり時間の融通が全く利かないもので、会う日のセッティングにまず苦労しました。

私は実家に住ませてもらっているのですが、子どもを預けて出かけるとなるとかなり前から親にスケジュールを確認し、預けるまでいつも以上に家事をやり当日も子どもの面倒を見てくれる親の負担ができる限り軽くなるように配慮しなければなりません。

実家に住んでいないシングルの方はもっと再婚するのが大変なんだろうなと痛感しました。

メッセージをかなり重ね、「この人なら会って話してみたい」という方と巡り合い、ようやく会うことに。

同じ離婚歴のある男性とランチデート

マッチングしてから実際に会うまで実質3か月もかかりました。

お会いした方は私の5個上で、私と出身大学が同じ。

また、親権はないものの同じくらいの歳の子がいる離婚経験者でした。

メッセージをたくさん重ねたおかげか、当日のランチもとても楽しかったです。

何より身の回りに離婚経験者が全然おらず、ようやく結婚した、もしくは子どもが生まれたという幸せなカップルばかりの中、自分の身の上話に共感してくれる存在というのは大変ありがたかったです。

その方とは結局別の価値観が違うことがわかったため、お付き合いには発展しませんでしたが、離婚で傷心していた私を親身になって支えてくれたのは間違いありません。

マリッシュのここが良かった!おすすめポイント

マリッシュには他のマッチングアプリにはない特徴があります。

それは、「ピンクリボンマーク」です。

ピンクリボンマークは、男性側のプロフィールに表示されるマークなのですが、これが付いているということは「シングルマザーもしくは離婚歴ありでも大丈夫です」の意思表示を意味します。

シングルマザーであることやバツイチであることは、できればあまり公にしたくありません。

実際、他のシングルの方から「職場で出会った人といい感じになったけど、シングルマザーであることを打ち明けた途端連絡がなくなった」という話を聞いたことがあります。

1度離婚して男性に臆病になっているうえ、正直に打ち明けた途端音信不通になられたらますます傷つきます。

ですが、最初からピンクリボンマークで再婚への理解があることを表示してもらえると、わざわざ「シングルマザーですが大丈夫ですか?」という確認をする必要がないので、安心してやりとりができるのです。

実際に使ってみてピンクリボンマークがついている男性はたくさんおり、中には未婚の男性もかなりいました。

マリッシュのここが悪かった!おすすめしないポイント

再婚者に向けたアプリだったので、特にありませんでした。

勇気をだして一歩踏み出してみよう

1度結婚に失敗してしまったシングルマザーとはいえ、やはり幸せな家庭への憧れはまだ捨てきれないもの。

もちろん子どもの幸せが最優先ですが、もし今度こそ幸せになれるのであれば再婚もしたいです。

シングルの出会いの場は限られていますし、恋愛に臆病にもなりがちですが、マリッシュなら再婚を受け入れてくれる方がたくさんいます。

勇気のいる一歩ですが、再婚に少しでも希望がある方は登録してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

りこ
りこ
人生3倍速で生きてる28歳。
企業勤めを切り上げ、フリーランスライターとして独立。
マッチングアプリを3つ駆使し、医者や国家公務員、弁護士などハイスぺ男子と10名以上とデート。
総合商社マンとゴールイン。