【男性】マッチングアプリのプロフィール写真で大人気になる3のコツ

【男性】マッチングアプリのプロフィール写真で大人気になるコツ マッチングアプリの攻略【男性編】

恋活・婚活アプリで自分が最初にアピールできるものは、

の主に3つあります。中でも一番重要なのがプロフィール写真です。

検索結果には、顔写真と一言がズラッと一覧で出てくるので、判断されるのはやはり印象の良い写真です。

女性が見てるのは雰囲気

女性は顔だけのイケメンを求める人は少なく、全体の雰囲気で判断します。

  • イケメン風
  • 仕事ができる感じ
  • 優しそう

などなど、見せ方は沢山ありますので自分がどのように見られたいかは始めに決めておきましょう。

メイン写真の例

引用:ペアーズ

メイン写真は1枚目に表示される、最も重要な写真です。特別な理由がない限り、顔出しして下さい。

もちろん1人で写った写真です。

撮り方はちょっと斜め

顔も体も真正面よりも少し体が斜めだと、キメ過ぎてない雰囲気を出せます。

真正面の顔に抵抗がある人は、顔を若干斜めにしたり、目線を外すのもOKです。

またドアップは怖いので、胸から上が写るくらいの距離は保って下さい。

仕事着または明るい色の洋服

仕事ができる感じに見られたい方はスーツ姿、お洒落大好きな人は私服で撮影して下さい。自分の得意分野を写真で表せます。

それ以外の方は、明るい色の洋服で撮影すると顔色がよく見えるので明るい色の洋服を着て下さい。

笑顔

そして何よりもスマイル。にっこり笑って下さい。

証明写真のような真顔は怖すぎますので、自然にニッコリした写真がベストです。

NGのメイン写真3つ

  • 画質が悪いもの…集合写真を切り取ったものは、画質が悪くなるので顔が分かりづらくなってしまいます。
  • 加工アプリSNOW(スノー)で撮影したもの…うさぎの耳やクマの鼻が付いたりと、原型が分かりづらいので不評です。
  • 鏡ごしの自撮り…全身写真を載せる場合には仕方ないですが、メイン写真にすると顔は分かりづらくなってしまいます。

以上、3つは気をつけて下さい。

サブ写真は2枚〜4枚ほど

サブ写真は、無理して載せなくても良いですが、趣味がわかる写真を載せると共通点のある相手が寄ってきます。

また会話するきっかけにもなるので、載せれるなら載せましょう。

食べ物やお酒の写真

美味しそうな食べ物なら、ほとんどの女性が反応します。インスタ映えするお店の料理、例えば肉なら大抵の人が好きです。

またお酒が好きならお酒の写真を載せると、お酒が飲める子とも会話できます。

趣味の写真

読書・ゴルフバー・旅行先など趣味の場の写真を載せると、普段の姿を見せることができ、相手は親近感がわきます。

自分が好きな場所の写真

山・海・夜景、音楽好きならフェス風景など。

価値観が一緒だと思ってもらえたり、価値観は違うけど「楽しそうな人だな」などと興味を持ってもらえます。

自分の体系がわかる全身写真

もちろんソファーや椅子などに座ったままの写真でもいいです。

全身写真を載せるとイメージが付くので、初めて会った時に「誰?」となるのを防げます。

※もしもサブ写真を載せてから明らかに反応が悪くなった等であれば、無理して載せたままにしなくていいです。

その場合、写真の写し方や素材に問題がある事がほとんどです。大体のマッチングアプリでは、コミュニティという趣味のカテゴリーに参加できます。

参加するとプロフィールを見たら何が趣味なのか一目でわかるので、そちらでカバーできます。

撮影方法は自撮りより他撮りがベスト

女性の自撮りは可愛いから許されるという意見が多いですが、男性に可愛いを求める人は少ないので他撮りがいいです。

ちなみに可愛いの反対は、気持ち悪いです。イケメン風の人でさえ、気持ち悪がられる事がありますのでメイン写真では極力しないこと。

友達や美容室に行ったついでに撮ってもらう

インスタなどに載せる人が多いので、写メを撮ってもらうことは珍しくありません。

また美容師だと美的感覚が優れてる人が多いため、綺麗に撮ってもらえます。店内もお洒落なので、そのまま活かせますし、髪型もバッチリです。

自撮り棒やセルフタイマーを使う

自分で撮影するなら自撮り棒は買う必要がありますが、セルフタイマーなら簡単です。テーブルなどにスマホを固定して、タイマーを押すだけで、他撮り風に撮れます。

実際インスタグラマーは、他撮り風に撮影してる人ばかりです。友達がいない時でも、一人で撮影は可能です。

背景は綺麗な所

見落としがちな背景は、シンプルな部屋の壁やカフェなどのお洒落な場所がいいです。

生活感丸出しのごちゃごちゃしてる背景だと、デリカシーのない人だと思われて印象悪いので注意して下さい。

照明

明るい場所や自然光で撮るなど、光を意識すると顔が明るくなって綺麗に写ります。

加工アプリで色彩などを調整する

仕上げに、スマホアプリのビューティープラスやカメラ360で顔色やフィルタを調整して完成です。

微調整ができるので、顔色の悪さや顔のできものなどを隠せたり、雰囲気の出る写真に仕上がります。

上の写真は、モノトーンにしただけです。

無料なので、アプリストアからインストールしてください。

顔写真を載せたくない人

どうしても「ネット上に顔写真を載せたくない」「知り合いにバレるのが嫌」という方は雰囲気イケメンを醸し出す写真がいいです。

髪型や服装をイケメンにする

実際顔から下のみの写真や顔なし写真で、人気を集める人もいます。髪型や服装だけで、イケメンにすることは可能なのです。

顔に自信がない

また自分がブスだと思っている人の、カバーする方法はいくらでもあります。

  • 目にコンプレックスがある人は伊達メガネをかける
  • 頭にコンプレックスがある人は帽子を被る
  • 口元がコンプレックスの人は、下を向いたり、マフラーなどで上手くカバーする

など、工夫して撮影してみて下さい。

顔写真なしでもモテないことはない

出会えるかどうかは別として、審査のゆるい恋活アプリ(ペアーズ ・Omiai・with)で人気になることはできます。

しかしマッチングしたら顔写真を送ると自己紹介欄に記載しないと、女性の場合、よほど好奇心がある人でないと会ってくれません。

ハードルを上げる事になるので冷やかしを浴びるか、実物でがっかりさせないくらいの本物イケメンじゃないと、承認欲求を満たすだけのものになってしまいます。

印象の良い写真をアップすることは第一印象なので大事ですが、やはり女性は顔のパーツよりも最終的には誠実であることの方が大事なのです。

ですから顔写真の写真だけは、用意しておきましょう。